市議会

臼杵市新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業

投稿日:

臼杵市新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業

1月28日「臼杵市議会1月臨時会」が開かれました。

一般会計補正予算額8,851万7千円の主な使いみちの一つは、新型コロナウィルスワクチン接種体制確保事業です(4,937万9千円)

臼杵市では、県や市医師会と連携しワクチン接種に向けた準備を進めています。

1月25日に子ども子育て課「ちあぽ-と」内に「新型コロナワクチン接種対策室」を設置。体制整備や情報の収集などさまざまな調整を行なっています。

「基本型接種施設」と呼ばれる実施拠点は、コスモス病院に設けてディープフリーザー(超低温冷凍庫)でワクチンを管理。そこからいくつかの「連携接種施設」にワクチンを移送して接種を実施します。

〜スケジュール(予定)〜

  • 3月中頃〜   医療従事者  (約1000人目安)
  • 3月末頃〜   高齢者(65歳以上)  (約15000人)
  • 4月中頃〜   基礎疾患のある方 (約2000人目安)
  • 4月末頃〜   一般(16歳以上)

⭐️市から配布されるクーポンを使い、完全予約制の上、医療施設等(現在調整中)で接種します。

問い合わせ用コールセンター 0972-86-2259

※あくまで予定であり現時点の情報です。正確な情報は臼杵市のホ-ムペ-ジなどで確認してください。

【ひきだくみこ公式LINE】

【ひきだくみこホームページ】

-市議会
-, ,

Copyright© 臼杵はまだまだこれから! , 2021 All Rights Reserved.