うすき大好き! 匹田久美子のブログ

臼杵はまだまだこれから!

未分類

2020.臼杵市3月定例議会 新しい学校のあり方について質問しました

更新日:

 

新しい学習指導要領がスタートします。学校のあり方はどう変わる?

時代の変化は目まぐるしく、ここ10年を見てもグローバル化やICTの導入が進み、情報収集やコミュニケーションの在り方が大きく変わってきています。子どもの学びの質やその方法も大きく変わる必要がある。ということで。
新学習指導要領では、予測困難な未来を生きる上で子どもたちには「変化に対応し生き抜く力」をはぐくむことが必要で、その内容は、主体的で対話的な深い学びや、課題を見つけ解決しようとする心とその能力である、とされています。
つまり知識や技能を一方的に教わる「受動的な学び」ではなく、それを使って「何ができるのか」を考えて、自分らしく使いこなして問題解決する能力までを、学力と定義しています。
日々、変化する社会のスピードに、私たちおとなさえ、ついていけず戸惑っているような時代です。
これまでの常識や既成概念を押し付けることなく、学びの主体は「子ども自身」であることを理解して、新しい発見や豊かな発想が生まれるような働きかけを行うことが大切だと思います。

また、基本的な考え方として、子どもたちに求められる資質・能力とは何かを社会と共有する「社会に開かれた教育課程」が重視され、これまで以上に学校、家庭、地域、全てにおける深い連携が必要だとされています。

ということは、保護者を含めわたしたち地域の大人こそがしっかりと、この新学習指導要領の意図と内容を把握して、子どもにつけさせたい「生きる力」とは何なのか、を連携し考えていくことが必要だと思います。

Q.新たな学習指導要領を真に実現するために、保護者や地域にどういった連携を求めていくのか…
また大きく変化している学力観の広がりをどうやって子どもたちにはぐくんでいくのか、具体的な取り組みを質問しました。

1)学習指導要領学校どう

学校教育課長

小学3年生英語教育プログラミング教育内容注目てい授業におい主体的てい

社会教育課程」実現コミュニティスクール学校代表・保護者代表・地域社会代表者学校運営協議会組織2020年度小中学校設置仕組保護者意見地域社会学校運営反映学校情報発信(学校便ホームページ)と、PTA活動充実と、れあい学校」地域方々参加呼びで「地域にあ学校」「社会教育課程」実現日常的推進

 

※一人一人の児童が,自分のよさや可能性を認識するとともに,あらゆる他者を価値のある存在として尊重し,多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え,豊かな人生を切り拓き,持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが求められる。
(新学習指導要領 前文より)

-未分類

Copyright© 臼杵はまだまだこれから! , 2020 All Rights Reserved.