人権 臼杵の暮らし

臼杵市パートナーシップ宣誓制度

投稿日:

臼杵市パートナーシップ宣誓制度

臼杵市は昨年4月から、性的少数者のカップルの関係を公的に証明する「臼杵市パートナーシップ宣誓制度」を始めました。

県内初の取り組みとして誇らしく感じていますが内容についてこまめに見直すことも必要だと思っています。

他の自治体と協定を結んだり、パートナーとして認めるだけでなく家族としての位置付けを明記するファミリーシップを検討するなど、国の動向や他自治体との連携などを考慮しながらより具体的な制度になるといいなと思います。

今年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられるのに合わせて、パートナーシップ制度を利用できる年齢も「18歳以上」となります。

  • 18歳で保護者の許可がなくても結婚できるようになるのでパートナーシップ制度もそれに合わせています。
  • ちなみに女性の婚姻年齢も これまでの16歳から18歳になるので、ジェンダーによる婚姻年齢の違いはなくなりました!

-人権, 臼杵の暮らし
-, , , , , ,

Copyright© 臼杵はまだまだこれから! , 2022 All Rights Reserved.